普通は数銭単位で変動する相場が突然数円単位の変化

為替への介入は耳にした事がありますか?日本銀行が為替介入(外国為替市場介入)をして新聞、テレビ、ヤフーなどのニュースで見た方もたくさんいると思います。エイジングケア化粧品専門店

元来為替介入(外国為替市場介入)は我が国の場合、◯財務大臣が円の相場の沈着を保てるように施行する戦略と見なされています。カイテキオリゴ ラフィノース

要は、急激な円高や円安になった時に財務大臣の指令が出ると中央銀行(日本銀行)日本円を取引することで為替レートの安定性を狙うことを言います。レンタカー ペット

為替介入(外国為替平衡操作)はいくつか種類があるのです。システムエンジニア 年収|給与安過ぎ・激務の仕事に耐えられない

1.単独介入・・・行政機関・日本銀行が東京市場の中で自らが市場に加わって為替介入(外国為替平衡操作)をする。

2.協調介入・・・いくつかの通貨当局が協議のうえで、それぞれの銀行などが資産を利用して同時ないし時々為替の介入を実行する。

3.委託介入・・・国外の銀行などへの外国為替市場介入(為替介入)を委託する。

4.逆委託介入・・・日銀が他国の通貨当局と代わって外国為替平衡操作(為替介入)を実施する。

こういったやり方があります。

どの種類の為替の介入も一時的に、もしくは連続的に為替に大きい効果を与えると思います。

為替介入(外国為替平衡操作)のお金は当然ですが面目をかけているだけに桁違いです。

円を例にしてみると、普通は数銭単位で変動する相場が突然数円単位の変化をします。

個人の投資家の人ならば一度は体験していると推測できますがこれまでは見込み通り利益(または損失)が増えていたポジションをキープしていたにもかかわらず、維持している持ち高が決済しましたという情報がFX業者の人間からEメールが届き・・・得したのかな(損益が出たのかな)?と思いながら決済後の情報を確認すると、自らが見込んでいた状況とは真逆の内容になっていて驚いたとの事例があります。

介入が実施された場合によく聞く話なのです。

このように外国為替市場介入(為替介入)が実施されることで、為替のトレンドとまったく逆の動向をするものです。

しかも動く額の範囲はものすごく大きくでかく動くので用心しましょう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.kimmihendrix.net All Rights Reserved.