事は状況はありません

車での事故に遭った時、自分が自動車事故の被害者の場合でも相手方が手落ちを全く納得しないという事はかなり聞くことがあります。79-3-101

例えば、意思と関係してではなく注意が足りなくて自動車をぶつけた時にこういう争いになってしまうケースがありえます。精力剤ランキング

例えそうであってもそこで車だけの物損されて時間が経過して自覚症状が出てから通院した病院の参考になる診断書出すということは対応が遅くなるとなるのは仕方がなくなってしまいます。79-16-101

それでは、交通事故の過失割合の決定には何らかの物差しが存在するのでしょうか。79-14-101

細かく申し上げますと警察が認定するのは、主として車の事故の責任が認識されるのはどちらかという事柄であって、過失割合というわけではないのです。79-5-101

さらに、最終的に明確にされた事故責任者が警察からはっきりする事は状況はありません。79-9-101

それだから、割合は当事者の話し合いの結果で決められたその事が損害賠償の算定基準になる訳です。79-1-101

関係者全員が任意に加入する自動車保険に加入をしていなかった場合にはお互いが面と向ってやり取りするしかありません。79-7-101

だけど、こういうやり取りでは、理性的でない応報になるケースが高いです。79-2-101

まして、主張にギャップがあれば最悪の場合、裁判にまでもつれ込みますが、それは時間と裁判費用とても大きな損失となってしまいます。79-6-101

これによりほとんどそれぞれの当人に付く保険会社、そういった各々の保険会社にやり取りを委ねる手法で、妥当な過失の割合を決めさせるのです。

そのような時には、自動車の保険会社は、過去の自動車の事故の事例の結果から決定した認められた基準、判断例を基に、推計と話し合いによってどちらに何割過失があるのかを出します。

と言いつつも、事故のケースでは巻き込まれてしまったのか起こしてしまったのかに関わらず、最初に110番通報するのが鉄則です。

その上で、自動車の保険会社に連絡してその先の協議を委ねるのが手順になります。

状況に応じたやり方さえ理解しておれば、互いの無駄な水掛け論となる状態を未然に防止できるに違いありません。

コンテンツ

Copyright © 1999 www.kimmihendrix.net All Rights Reserved.