免責の申し立ての前7年以内に免責

免責不許可事由というものは破産宣告を申し立てた人にこういった条件に含まれているなら負債の帳消しを認めませんという原則を言及したものです。総量規制対象外カードローン

だから、極言すると弁済が全くできないような人でも、それにあたっている場合には債務の免責を受理されないことがあるということを意味します。WiMAXを5年使った俺の回線日記

だから破産を申告し、免責を得ようとする際の、最後にして最大の難関がつまるところ「免責不許可事由」なのです。ボニック

以下は要となる不許可事由です。英語の上達は楽しく映画を見るのが一番

※浪費やギャンブルなどで、はなはだしく資産を減少させたり、きわめて多額の債務を負ったとき。ホワイトショットCXとSXを実際に使ってみた感想

※破産財団に属する資産を隠匿したり、破棄したり貸方に不利益に処分したとき。アンプルール

※破産財団の負担額を虚偽に多く報告したとき。

※自己破産の原因を持つのに、それらの債権を有する者に特別となる利権をもたらす意図で資産を供したり弁済前に返済したとき。

※ある時点で返せない状況にあるのにそれを偽り貸方をだましくわえてお金を借りたりクレジットカードを通して品物を購入した場合。

※ニセの債権者の名簿を法廷に提出した場合。

※免責の申し立ての前7年以内に免責を受理されていたとき。

※破産法が要求する破産申告者に義務付けられた点に違反したとき。

以上項目にあてはまらないのが要件と言えますがこの8項目だけを見て実際的な例を思いめぐらすのはわりと知識と経験がなければハードルが高いのではないでしょうか。

それに加え、浪費やギャンブル「など」と書かれているので分かるのですがギャンブルというのはそのものは数ある中のひとつであるだけで、それ以外にも具体例として述べていないことが非常に多いというわけなのです。

具体的に書いていないことはそれぞれの例を述べていくと限界がありケースとして書ききれなくなるものがあるときや、判例として出た判決によるものが含まれるので、それぞれの状況がその事由に当たるかは法律に詳しくないと一朝一夕には判断できないことが多々あります。

自分がその事由になっているものなどと夢にも思わなかった時でも不許可の裁定を一度でも出されてしまえば、その決定が元に戻されることはなく、借り入れが残るばかりか破産申告者としてのデメリットを7年にわたって受け続けることになります。

ということから、免責不許可判定という悪夢を防ぐためには、破産手続きを選択しようとしている段階でわずかでも不安を感じる点や難しいと感じるところがある場合は、まず専門家に相談してみるとよいでしょう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.kimmihendrix.net All Rights Reserved.