正確な決断が出来ない場合があります

実際にパソコンの画面の前で、リアルタイムで変化している為替相場を目を向けていると何やら売買をする衝動が生まれる場面も多かったりします。母子家庭求人

でも、なんとなく勘で注文するのだけは、絶対に避けてほしい。青汁の効果・効能ガイド

ご存知の通り、市場は終日常にどこかの外国為替市場が開かれているしマーケットも休みなく、動いています。和菓子 お取り寄せ

しかし、何回も売買を積み重ねるとその分だけマイナスになるリスクが増します。ニキビケア

当然の事ながら、売買の回数を重ねることによってトータルで稼げる確率か半々に近づくのは事実です。

しかしこの事実は「はっきりしない思いつきで売買」とは話が異なります。

売り買いの回数を重ねる意味というのは、あなたが「ここだ!」と直感した時機を得たケースでのエントリー回数を積むという事です。

ただ、次々とエントリーをするのとは大きく違います。

外国為替市場の駆け引きに敗北しないためには、自ずから考えて緩急をつけることこそが大事です。

「ここがチャンス」と思い至った為替相場の時には迷うことなく持っているポジションを積み増して積極的に儲けを追求します。

「ちょっと頭をかかえる市場で、どう動くのか考え付かないな」と感じたならば執着しないで所持ポジションを閉じて黙っています。

これくらいのメリハリがあったほうか最終的には売買は儲けられます。

外国為替相場の金言には「休むも相場」というものがある。

文字通り言葉どおりだと感じます。

為替とは、いつでも売買ポジションを持つことが全部ではなく、どのポジションも所有せず待っている事もまた、FXです。

それならば、どの場面で休みどきなのでしょうか。

第1に言われるのが前に述べたように、現在の為替相場が判断できない時です。

今からどちらにいくのかわからないような時は分からないまま行動すると、あなたの思ったストーリーとは反対の方向に相場が動いてしまい、損失を被る事になります。

そのため、こういう場合はポジションを無くして、そのまま何もぜずに見ているだけが良い方法です。

もうひとつは、自分自身の健康状態が変なときです。

コンディションと為替相場に関係ないと思う人もいるでしょうが実際にはかなり関係あります。

体調が変な時は、外国為替相場のミスできない場面で正確な決断が出来ない場合があります。

やる気がわかない時はFXから離れる事も大事な事です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.kimmihendrix.net All Rights Reserved.