知ると「まちがいない」という考えになるが

ありふれたはじめたばかりの人向けのFX取引の雑誌では「損失を被った場面ではナンピンをして、ポジションの買い付け価格をコントロールする」等とアドバイスしているが現実にはここには相当大きな危険性が隠れています。ディープチェンジ 飲み方

まず、ナンピン買いの手法について述べます。モデルたちも愛用するミネラル酵素グリーンスムージーでスリムアップ!

一例として1ドル100円でドルを買ったとする。イサゴール 高齢者の便秘

$買いということで、円安に推移するほど黒字が出るわけですが不幸にして1ドル=95円まで円高が進んだとします。キミエホワイト 感想

この状態で保持し続けたとしたら、損失が回復するまでには損失分円安が進まなければならない。プランテル 一番安い買い方

皆さん、損は早急に0にしたいと思うでしょう。蟹 しゃぶ お 取り寄せ

この状況を打破するためはじめに買ったのと同額の$を、1ドルを95円で買い増します。ミントCJメール

そうすると、ポジション全体の単価は1ドル=97.50円まで下げることができますすなわち、2.50円の幅で円安ドル高が進めばマイナスを回復できます。ビーグレン トライアル

これが、ナンピンの仕組みです。結婚式お呼ばれスタイル

このように、ナンピン買いの方法を知ると「まちがいない」という考えになるが、為替はそう簡単に問屋を卸してくれない。糖ダウン

1ドル=95円が底値だということなど誰にも予想できません。

もしも、為替が相当に強い円高地合であるならば、1ドル=95円では下げ止まらずに、円高ドル安に進むリスクは高いです。

例として、1ドル97.50円でナンピン買いをしたとしても、1ドル95円までドル安に向ったら、ナンピンしたポジションについても赤字が生まれることになってしまいます。

その状況では、一番初めに売買したドルと一緒にダブルで損失が生まれる事になります。

例示したとおり、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

ならば、外国為替市場が物語とは反対の方向に向ってしまった場合どんなやり方でリスクをコントロールすればいいのでしょうか。

こういう場合には選ぶべき道は限られています。

ひとつめは観念して損切りをすること。

もうひとつは今現在、あなたが所有しているポジションを縮小することによって改めて為替が元のようになるのをじっと待ち望む事だけです。

ずいぶん大人しい手段だと感じる方もいるでしょう。

しかしながら、自分の持っている買いポジションに損が出た場合、一番適切な術はこれ以上のものは期待できない。

当然、ロジックのうえではナンピンという手段もありえます。

だがナンピンは損失を出している状態でポジションを減少させるどころか遂にポジションを増やしていく手法です。

この手法では、危険を制御することなど、どうやっても無謀だと思ったほうかいいだろう。

ナンピン買いをし続ければいつかは利益を上げられるかもしれません。

だがしかし、それより前に資金はショートしてしまうだろう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.kimmihendrix.net All Rights Reserved.