使い切らない上限設定はメリットのないことでしかないのです

普通、カードの限度額がユーザーが日々決済するより高めに設定していると人間は余裕だと誤解して考えずにを利用してしまったりするものですね。

そのようなクレジットカードの使いすぎをコントロールする意味でもクレカの最高額を前もって低くしておこうという意見がこれから見る本文の主旨となります。

利用限度額の引き下げ方□契約カードの利用限度額を減らすやり方はカードの限度額を増やすことと大差なく大変シンプルです。

利用カードのサインのある面にあるフリーダイヤルに電話をし「月の利用限度額の引き下げをしたいです」というふうに相手には言うだけです。

普通は現状のカードの限度額より低い金額であればこれといった査定なしで簡単に申請ができてしまいます。

月の限度額を減らしておくのは自分を守ることに繋がっている:クレカの月ごとの限度額引き下げは、自分をコントロールできるという益以外にセキュリティにもなります。

仮に、カードが紛失等により悪用されたとしても前もってクレジットカードの月の利用限度額を厳しくしていれば危険を可能な限り減らすことができるからです。

心配する必要はないけれど、仮にクレジットカードが偽造されたことがあったような場合でもカード所有者に過失がない限り盗難保険として知られる機能が使用者をフォローしてくれることになるから過度な心配は必要ないのですが、もしもの時のために設定が高いならば月ごとの限度額は低くしておくと良いでしょう。

使い切らない上限設定はメリットのないことでしかないのです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.kimmihendrix.net All Rights Reserved.